あなたの快適生活にリンクする。ハイホー。

パーソナルドメインサービスとは ドメインの種類

パーソナルドメインサービス

ドメインの種類

「.com」、「.co.jp」、「.jp」・・・。ドメインにはさまざまな種類があります。
耳馴染みのあるドットコム「.com」をはじめ、日本で一般的によく使われている「.co.jp」や2001年から新たに加わった「.jp」など、海外・国内で多く流通しているドメインについてそれぞれの特長をご紹介します。

ドメインにはどんな種類があるの?

「.com」「.net」「.jp」などは、TLD(Top Level Domain)といい、これらはICANNが管理しています。

TLDにはgTLDとccTLDの2種類があり、com、net、org等はgTLD(generic Top Level Domain)と呼ばれ、 ICANNの委託を受けた会社が管理しています。一方、jp、to、tvなどはccTLD(conutry code Top Level Domain) と呼ばれ、日本の場合はJPRSという団体が管理しています。

日本でよく使われる●●●.jpは、汎用jpドメインという名前で、日本国内在住であれば誰でもいくつでも取得でき、何にでも使えるドメインになります。 その前にアルファベットがついた●●●.co.jp、●●●.ne.jp、●●●.or.jp、●●●.gr.jpなどは属性型ドメインという名前で、組織や用途種別により使用できる範囲が限られています。 ●●●.setagaya.tokyo.jpや●●●.kadoma.osaka.jp 等の地域型ドメインというものもあります。

主なドメイン
gTLD .com Commercialの略で主に企業が対象
.net networkの略で主にプロバイダなどインターネット関連企業が対象
.org organaizationの略で主に非営利団体が対象
.biz ビジネス用途が対象
.info 情報サービスを提供する組織が対象
ccTLD .jp 汎用jpドメイン
.co.jp 株式会社、有限会社、合名会社、合資会社、相互会社、特殊会社、その他の会社
.ne.jp 不特定多数に対して営利/非営利で提供するネットワークサービス・法人・個人・団体
.gr.jp 複数の日本に在住する個人または日本に登記のある法人で構成される任意団体
.or.jp 財団法人、社団法人、医療法人、監査法人、宗教法人、協同組合などの法人
.ac.jp 大学、職業訓練校、学校法人(.ed.jpドメイン名の登録資格に該当するものを除く)
.ed.jp 小中高校、及び各種学校のうち、主に18歳未満を対象とするもの、学校法人
.go.jp 日本国の政府機関、各省庁所轄研究所、特殊法人
.ad.jp JPNIC会員が運営するネットワーク

このページのトップに戻る