あなたの快適生活にリンクする、ハイホー。

サーバ上での制限事項について

SSI(Sever Side Inclusion)について

SSIは利用可能です。但し、セキュリティの関係から以下の制限があります。ご注意ください。

  1. "#exec"は使用できません。
  2. "#include"は使用できます。

    例)自分のCGIプログラムの実行結果を挿入する場合
    <!--#include virtual="/cgi-bin/user/FTPアカウント名/CGIプログラム名"-->

  3. SSIをご使用の際は、拡張子を.shtmlにしてください。

シンボリックリンクについて

セキュリティ維持のためWebサーバは、シンボリックリンク先のファイルやフォルダを表示いたしません。 お客様がCGIプログラムの中でシンボリックリンクを作成することは可能ですが、 間違って作成されたシンボリックリンクは、FTPソフトでは削除ができませんので、お客様のプログラムで削除を行なってください。

ファイルの制限について

リアルビデオの再生はできません。

.htaccessについて

.htaccessをお客様側で設置していただくことは可能です。

  1. セキュリティ上 Options は使用できません。
  2. limit のPOST GET PUT は、半角大文字で書いてください。

    例:<limit GET POST>・・・OK
    例:<limit get post>・・・NG
    例:<limit Get Post>・・・NG

  3. Auth に空白を含む場合は、””で括ってください。
  4. サーバと端末の行末の改行コードが違う場合に動作しないことがあります。アップロードする時は、TEXTまたはASCIIモードでアップロードしてください。

CGIについて

CGIを使用して、フォームを利用したHPを作ることができます。 但し、セキュリティの関係から以下の制限があります。ご注意ください。

  1. CGIプログラムの設置場所について

    • お客様ホームディレクトリにあるディレクトリcgi-bin直下でのみ動作します。
    • htmlディレクトリの下では動作しません。
    • cgi-binの下のサブディレクトリの中においた場合、CGIは動作しません。
  2. CGIプログラムを書くために

    • Perlをご利用いただけます。
    • C等のバイナリは利用不可です。
    • シェルは利用不可です(telnetによるログインも不可です)。
    • なお、nkfやmail等、Unixコマンドは使用できません。
    • 日本語コード変換については、Perlのパッケージjcode.plをご利用ください。
    • 以下のCGIに関してはサンプルを提供しておりますので、必要な方は「CGIライブラリ」をご覧ください。そちらでセットアップが行えます。

      カウンターCGI/掲示板CGI/フォームデータのメール送信(Form to Mail)/ssendmail

    • sendmailに対してSMTPで送信するPerlサンプルssendmai(simple sendmail)を用意しております。CGIセットアップを行っていただきますとcgi-binディレクトリにコピーされます。
      パス指定例としては、
      $sendmail = '/usr/bin/sendmail'; となるところを、
      $sendmail = './ssendmail'; と記述して頂くことになります。
      当サーバの仕様上sendmailはご利用になれません。ssendmailをご利用ください。

  3. Perlのパス

    /usr/local/bin/perl
    (cgiプログラムの先頭に、#!/usr/local/bin/perlと書いてください。)

  4. セキュリティの関係上、お客様のCGIプログラムの動作は、

    • お客様のhtmlファイルから、CGIプログラムuserを起動
    • プログラムuserがお客様のcgi-binの下のCGIプログラムを呼出、実行

    という行程を経由して起動される仕様になっています。

  5. 上記理由により、CGIのパスは

    "/cgi-bin/user/FTPアカウント/CGIプログラム名"
    となります。

    例) FTPアカウントhogehoge、cgi名sample.plをフォームから呼び出す場合
     <form method="post" action="/cgi-bin/user/hogehoge/sample.pl">

  6. お客様のCGIプログラムはお客様自身の権限(UID)で動作します。
    (ウェブサーバの権限では動作しません。)

  7. ファイルの書き込み、読み込みをCGIで行う場合には、
    必ずお客様のホームディレクトリ(環境変数$ENV{'HOME'})を基準にお書きください。
    例) お客様のhtmlディレクトリ下のファイルにアクセスする場合

    "$ENV{'HOME'}/html/...."

    ※CGIコマンドは実行形式にしないと、実行できません。
    実行形式にするには、お使いのマシン等によって方法が違いますので、お使いのファイル転送ツールの説明を、お読みください。

  8. CGIサンプル
    「CGIライブラリ」(「ウェブページ開設にあたって」からご利用ください)

ご注意
サーバへの負荷が増大し、サービスに支障をきたすおそれのある場合は、当該ウェブページへのアクセス制限をかけるなど、サービス維持のために必要な措置を、事前にご連絡することなく取らせていただく場合がございます。あらかじめ、ご了承ください。

このページのトップに戻る