ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えはおすすめ?メリットや注意点、移行手順を徹底解説

ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えはおすすめ?メリットや注意点、移行手順を徹底解説 格安SIM

ソフトバンクのサブブランドである格安SIM「ワイモバイル」。

料金見直しのためにソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えを検討している人は多いでしょう。

ワイモバイルは料金がお得であるだけではなく、格安SIMの中でトップレベルに通信品質が良いなどのメリットも魅力です。

次にあてはまるソフトバンクユーザーは、ワイモバイルへの乗り換えを前向きに検討しましょう。

今回は、ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える手順のほか、メリットや注意点をわかりやすく解説します。

ソフトバンクユーザーの人はぜひこの記事を参考に、ワイモバイルへの乗り換えが最適な選択肢になるか確かめてみてくださいね。

ワイモバイルのおすすめポイント

  • 料金が大幅に安くなる可能性が高い
  • 格安SIM内トップクラスの通信品質
  • お得なキャッシュバックがある
この記事の監修者
小川 正人

大手家電量販店で販売員の経験を経て、「お客様が最適なプランを選べるようにしたい」との思いから月間60万PVの通信サービスメディアサイトを運営。現在は携帯キャリア・格安SIM、ポケット型WiFiなどのインターネット回線などの通信サービスに関するコンサルティングを行う。新聞社も推薦する専門家としてマイベストプロ東京にも掲載。

小川 正人をフォローする
  1. ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える流れ
    1. 1.申し込みに必要なものを準備する
      1. My SoftBankの契約者情報が正しいかどうか
      2. 支払方法
      3. 手持ちの端末がワイモバイル動作確認済みかどうか(SIMのみ購入の場合)
    2. 2.オンラインストアで申し込む
      1. SIMのみ購入の場合
      2. 端末とセットで購入する場合
    3. 3.申込書を受け取る
    4. 4.SIMカード・端末を受け取って利用開始する
  2. ソフトバンクの格安プラン「ワイモバイル」の基本情報
  3. ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える8つのメリット
    1. ①料金が大幅に安くなる可能性がある
    2. ②違約金・手数料なしで乗り換えられる
    3. ③格安SIMの中でトップレベルの通信品質を誇る
    4. ④お得な料金でかけ放題を付けられる
    5. ⑤好きなタイミングでお問い合わせができる
    6. ⑥テザリングが無料
    7. ⑦数多くのスマホ端末をセット購入できる
    8. ⑧Yahoo!プレミアム会員になれる
  4. ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える9つの注意点
    1. ①超大容量や無制限のプランがない
    2. ②格安SIMの中では料金が割高
    3. ③家族割やセット割などの各種割引は引き継げない
    4. ④キャリアメール「@softbank.ne.jp」などの一部サービスが使えなくなる
    5. ⑤キャンペーン対象外になる場合が多い
    6. ⑥ソフトバンクのスマホはSIMロック解除が必要
    7. ⑦ソフトバンクで残ったデータ量が引き継がれない
    8. ⑧最新機種の発売タイミングが遅め
    9. ⑨おうち割 光セットは再申し込みが必要
  5. ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えをおすすめできる人
    1. スマホ料金を見直したい人
    2. 普段は忙しくて実店舗に行けない人
    3. 毎月のデータ量が30GBに収まる人
  6. ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えで使えるキャンペーン
    1. 新どこでももらえる特典
    2. 下取りプログラム
    3. 【正規代理店限定】最大20,000キャッシュバック
  7. ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えに関するよくある質問
    1. ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えはおすすめ?
    2. ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えでSIMロック解除は必要?
    3. ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えた後に機種変更はできる?
    4. ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換え手順は?
    5. ソフトバンクからワイモバイルへは即日乗り換えできる?
    6. ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えたらスマホ代金の残債はどうなる?
    7. ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えた月の料金は日割りになる?
  8. まとめ

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える流れ

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えて、利用開始するまでの手順は以下の5ステップです。

各項目についてできるだけ専門用語を避けながら、画像を交えてわかりやすく解説します。

1.申し込みに必要なものを準備する

まずは、契約に必要な情報を準備します。

確認が必要なのは、以下の3点です。

それぞれを詳しく見ていきます。

My SoftBankの契約者情報が正しいかどうか

ソフトバンクから乗り換える場合は、登録中の住所と登録中の氏名の確認が必要です。

住所確認は、上記のQRコードから確認します。

誤りや変更がある場合は、リンク先の画面から情報を更新しましょう。

氏名の確認は、My SoftBankにログインして行ってください。

支払方法

ワイモバイルの支払方法は、以下のクレジットカードのみです。

利用できる国際ブランドのカード
  • VISA
  • mastercard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club

また、登録できるのは本人名義のクレジットカードに限られます。

本人名義以外のクレジットカードを利用したい場合は、以下2点の書類を用意しましょう。

他人名義のカード利用時に必要な情報
  • 支払名義人同意書(支払名義人本人が記載したもの)
  • 支払名義人の本人確認書類

支払名義人とは、利用したいクレジットカードを保有している人のことです。

手持ちの端末がワイモバイル動作確認済みかどうか(SIMのみ購入の場合)

SIMのみを購入する場合は、手持ちの端末がワイモバイルで動作確認済みかどうかを「SIMカード単体のご契約」から確認しましょう。

ソフトバンクで購入したiPhoneを使いたい場合は、キャリアで「SoftBank」、メーカーで「Apple」を指定して検索します。

iPhoneが一覧で表示されます。

端末の右端に赤い丸が付いている機種は、ワイモバイルで動作確認済みの機種なので、そのまま利用可能です。

動作確認が行われていない機種の場合はワイモバイルのSIMが正常に作動しない場合があるため、念のため端末の買い替えをおすすめします。

2.オンラインストアで申し込む

先述した確認が完了したら、オンラインストアから申し込みましょう。

SIMのみ購入したい場合はこちらを、端末も一緒に購入したい場合はこちらをご覧ください。

SIMのみ購入の場合

まずは、契約するプランやオプションを選びます。

ご契約内容は、「SIMのみ」を選択してください。

その後は、以下の手順で申し込みを完了させます。

申し込み完了までの手順
  1. プラン・オプションを選択する
  2. お客さま情報を入力する
  3. 同意事項を確認して申し込みを完了する

もしまだ乗り換えを迷っている方でも、お問い合わせフォームから簡単に質問ができますよ。

端末とセットで購入する場合

端末とセットで購入する場合、まずは購入したい製品を探します。

希望の機種を5種類まで選ぶことができます。

後で決めたいという方は、未入力でも大丈夫ですよ。

契約したいプランやオプションもこの画面で決定して、画面右端の「次へ」をクリックします。

その後の流れは、以下のとおりです。

申し込み完了までの手順
  1. プラン・オプションを選択する
  2. お客さま情報を入力する
  3. 同意事項を確認して申し込みを完了する

申し込みが完了したら、そのまま端末が到着するまで待ちましょう。

3.申込書を受け取る

正常に手続きが完了すると、申込書が発送されます。

SIMのみ購入する場合は、この時点でSIMカードを受け取ることができます。

必要事項を記入したら、返信用封筒を投函しましょう。

4.SIMカード・端末を受け取って利用開始する

SIMカード・端末を受け取ったら、それぞれ以下の手順で開通手続きを行います。

端末をセットで購入した場合は、開通設定不要でそのまま使えますよ!

端末をセットで購入した方は、まず旧端末のバックアップを行い、データを喪失しないように対策しましょう。

つづいて電話で回線を切り替えます。

上記の情報を整理したうえで以下の電話番号に申し込みましょう。

【ワイモバイルカスタマーセンター切替窓口】
電話番号 0800-100-1847
受付時間 10時~19時(年中無休)

つづいて、手持ちの端末もしくは新しい端末にワイモバイルのSIMカードを挿入します。

次に取り出したSIMトレイにSIMカードを入れ、本体にトレイを戻せば完了です。

最後にAPN設定を行います。

iPhoneの場合
  1. 「設定」をタップ
  2. 「一般」をタップ
  3. 「情報」をタップ
  4. 「キャリア設定アップデート」から「アップデート」をタップ
  5. ホームボタンを選択
  6. ピクト表示が「Y!mobile」に変われば完了
Androidの場合
  1. 「設定」をタップ
  2. 「無線とネットワーク」をタップ
  3. 「モバイルネットワーク」をタップ
  4. 「アクセスポイント名(APN)」をタップ
  5. 「新しいAPN」をタップ
  6. 設定項目を入力する
  7. チェックをタップして内容を保存する
  8. APN一覧から設定したAPNを選ぶ
  9. ブラウザを開いてインターネットにつながるか確認する

以上で接続設定が完了し、ワイモバイルのインターネット通信を楽しめます。

端末をセットで購入した場合は、バックアップしたデータを移行してから利用開始しましょう。

ソフトバンクの格安プラン「ワイモバイル」の基本情報

【ワイモバイルの概要】
通信回線 ソフトバンクの5G/4G
契約期間 なし
月額料金 3GB(シンプルS) 2,178円
15GB(シンプルM) 3,278円
25GB(シンプルL) 4,158円
初期費用 3,300円 ※ソフトバンクから乗り換えの場合は0円
国内通話料 22円/30秒
実測値 65.47Mbps
セット割 ソフトバンク光・ソフトバンクエアー(月額最大1,188円割引)
キャンペーン
  • 新どこでももらえる特典
  • 下取りプログラム
  • データ増量無料キャンペーン2
  • 最大20,000円キャッシュバック(代理店限定)
※すべて税込み
※実測値は「みんなのネット回線速度」を参照

ワイモバイルはソフトバンクの5G・4Gに接続できるため、通信できるエリアが広く、格安SIMの中ではトップクラスの実測値を計測しています。

キャンペーン欄で詳細を解説しますが、「新どこでももらえる特典」や「下取りプログラム」などお得な特典も多く、ソフトバンク系列の光回線・ホームルーターとのセット割の適用も可能です。

正規代理店から申し込みをすると、最大20,000円キャッシュバックも受け取れますよ!

ワイモバイルのおすすめポイント
  • ソフトバンク回線を利用するため実測値が速い
  • お得なキャンペーンが豊富
  • 代理店からの申し込みで最大20,000円キャッシュバック

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える8つのメリット

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えると、以下8つのメリットを実感できます。

それぞれの項目をわかりやすく解説します。

①料金が大幅に安くなる可能性がある

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えることで、月額料金が大幅に安くなる可能性があります。

実際に、ソフトバンクの料金プランとワイモバイルの料金を比較してみましょう。

【ミニフィットプラン+との料金比較】
回線 ソフトバンク ワイモバイル
~1GB 3,278円 2,178円
~2GB 4,378円 2,178円
~3GB 5,478円 2,178円
~15GB 3,278円
~25GB: 4,158円
※すべて税込み

1GB~3GBまでのいずれのシチュエーションでもワイモバイルのほうが安く、2GB以上を利用した場合は半額以下にまで料金を抑えられます。

ミニフィットプラン+の場合、3GBを超えるデータ通信にはそもそも対応しておらず、3GB超過後は最大速度が128kbpsに制限されるため注意しましょう。

ワイモバイルの速度制限は「シンプルS」で300kbps、「シンプルM/L」で1Mbpsです。

無制限の「メリハリ無制限」とも比較してみましょう。

【メリハリ無制限との料金比較】
回線 ソフトバンク ワイモバイル
~3GB 5,588円 2,178円
~25GB 7,238円 4,158円
25GB~ 7,238円
※すべて税込み

メリハリ無制限の場合、ソフトバンクは7,238円で実質使い放題です。

ワイモバイルには大容量プランがありません。

月間25GBまでの利用ならワイモバイルがおすすめですが、それ以上の大容量通信を行いたい場合は、ソフトバンクの利用継続か他社回線への乗り換えを検討しましょう。

②違約金・手数料なしで乗り換えられる

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える場合、ソフトバンクに支払う違約金、ワイモバイルに支払う手数料はいずれも無料です。

2021年3月16日までは契約解除料として10,450円、契約事務手数料として3,300円が必要でしたが、現在はこの各種手数料が無料化されています。

契約手数料などの料金が発生することなくワイモバイルへ乗り換えられるため、料金の安さなどに魅力を感じたら今すぐ乗り換えを申し込みましょう。

③格安SIMの中でトップレベルの通信品質を誇る

ワイモバイルの通信品質は、格安SIMの中でトップレベルです。

いくつかの格安SIMの実測値とワイモバイルの実測値を比較してみましょう。

【実測値の比較】
回線 ワイモバイル OCN モバイル ONE UQモバイル イオンモバイル mineo
下り平均速度 65.47Mbps 71.76Mbps 61.0Mbps 57.7Mbps 39.05Mbps
※実測値は「みんなのネット回線速度」を参照

実測値は、実際にワイモバイルを利用しているユーザーが計測した速度の平均値なので、信頼できるデータですよ。

4K動画視聴に必要な実測値の目安は25Mbpsなので、ワイモバイルは十分にクリアできています。

④お得な料金でかけ放題を付けられる

ワイモバイルの国内通話料は30秒ごとに22円ですが、下記のオプションを追加すると、お得な料金でかけ放題を利用できます。

【かけ放題オプションの料金】
名称 内容 月額料金
だれとでも定額 1回10分以内の国内通話が無料 770円
スーパーだれとでも定額(S) 通話時間・回数制限なしでかけ放題 1,870円
※すべて税込み

通話をよく利用している方や、長時間の通話を利用される場合は、かけ放題オプションを追加しましょう。

⑤好きなタイミングでお問い合わせができる

正規代理店Yステーションでは、年中無休でウェブお問い合わせが可能です。

普段は忙しくてなかなか営業時間にお問い合わせができない方でも、気軽にお問い合わせが可能です。

月額料金の見積もりなども、無料で実施していますよ!

⑥テザリングが無料

ワイモバイルからは、テザリングも無料で利用できます。

テザリングとは、スマホをルーターのように使用して無線環境を作れる機能です。

WiFi環境がないときにワイモバイルのスマホをテザリングすると、スマホやPC、ゲーム機などをインターネットに接続できます。

外出先で仕事をする場合や、家族・友達とWiFiを共有したい場合に便利です。

⑦数多くのスマホ端末をセット購入できる

ワイモバイルでは、オンラインショップで数多くのスマホ端末を取り扱っています。

乗り換えにあわせて端末を購入したい場合や、乗り換え後に機種変更したくなった場合も、たくさんの選択肢の中から自分に合った1台を購入できるでしょう。

2022年7月現在、ワイモバイルで取り扱っている主な端末は以下のとおりです。

ワイモバイルで取り扱っている主な端末
  • iPhone SE(第3世代)
  • iPhone 12シリーズ
  • OPPO Reno 7 A
  • AQUOS wish2
  • Xperia Ace Ⅲ

そのほかにもたくさんの端末を購入できるので、「取り扱い機種一覧」画面から確認してみましょう。

アウトレットで特別価格になった端末もありますよ。

⑧Yahoo!プレミアム会員になれる

ワイモバイル会員は、以下の特典を利用できるYahoo!プレミアム会員に無料でなれます。

Yahoo!プレミアムの主な特典
  • Yahoo!ショッピング、PayPayモールのお買いものでいつでも最大+2%還元
  • 雑誌110誌以上読み放題
  • Yahoo!かんたんバックアップ容量無制限
  • ヤフオク!出品時の落札システム利用料がお得

ヤフー関連サービスを多用する人は、ワイモバイルを契約するとさらにお得です。

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える9つの注意点

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える際は、以下の9点に注意しましょう。

どのような点に注意すべきなのか、順番に詳しく紹介します。

①超大容量や無制限のプランがない

ワイモバイルのデータ容量は最大25GBで、それ以上の大容量プランや無制限プランがありません。

月額550円で「データ容量オプション」を利用すると、月間データ容量が最大5GB増えますが、それでも最大のデータ容量は30GBです。

料金の安さよりもデータ量の多さを重視したい人は、ソフトバンクやWiMAXの無制限プラン、100GB以上の大容量プランを用意している他社格安SIMの契約を検討しましょう。

②格安SIMの中では料金が割高

ワイモバイルはソフトバンクよりも料金が安いものの、格安SIM同士で比較すると料金が割高です。

他社の格安SIMと月額料金を比較してみましょう。

【月額料金の比較】
回線 ワイモバイル OCN モバイル ONE UQモバイル イオンモバイル mineo
~3GB 2,178円 990円 1,628円 1,078円 1,518円
~15GB 3,278円 4,312円 2,728円 1,958円 2,178円
~25GB 4,158円 6,050円 3,828円 3,058円
※すべて税込み、音声通話付きプランの場合

データ容量によっては、ワイモバイルよりも安く契約できる格安SIMもあります。

まずはご自身が利用するデータ容量を計算して、より安く契約できる格安SIMがあるか探してみましょう。

③家族割やセット割などの各種割引は引き継げない

ソフトバンクで利用していた「家族割」「セット割」などの各種割引は引き継ぎできません。

代わりに「おうち割 光セット(A)」などの割引サービスを利用できますが、これは別途申し込みが必要です。

ソフトバンクで利用している割引は、そのまま利用できないため注意しましょう。

④キャリアメール「@softbank.ne.jp」などの一部サービスが使えなくなる

ソフトバンクのキャリアメール「@softbank.ne.jp」を利用している場合、そのままでは今のメールアドレスを利用できなくなります。

ワイモバイルでもソフトバンクのメールアドレスをそのまま使いたい場合は、月額330円の「メールアドレス持ち運び」を利用しましょう。

申し込めるタイミングはソフトバンクの解約から31日以内で、それ以降はすべてのデータが削除され、申し込みできなくなるため要注意です。

⑤キャンペーン対象外になる場合が多い

ワイモバイルでは多数のキャンペーンを開催していますが、ソフトバンクから乗り換えるユーザーはキャンペーン対象外となることが多く、魅力的なキャンペーンを利用できません。

たとえば最大36,000円の値引きを受けられる「オンラインストア厳選!大特価スマホ」も、ソフトバンクから乗り換えるユーザーは対象外のキャンペーンです。

ソフトバンクからの乗り換え組でも利用できるキャンペーンは、【ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えで使えるキャンペーン】で紹介しています。

⑥ソフトバンクのスマホはSIMロック解除が必要

ソフトバンクで購入したスマホをワイモバイルで利用する場合、初期設定前にSIMロック解除が必要です。

My SoftBankにアクセスして、SIMロック解除を行いましょう。

なお、2015年4月以前に発売されたソフトバンク端末はSIMロック解除ができないため、機種変更しなければワイモバイルを利用できません。

反対に2021年10月以降に購入したスマホにはSIMロックがかかっていないため、SIMロック解除は不要です。

⑦ソフトバンクで残ったデータ量が引き継がれない

ソフトバンクで使い残したデータ量をワイモバイルに引き継ぐことはできません。

たとえば「メリハリ無制限」は3GBまで5,588円ですが、当月内に1GBまでしか使っていなくても残りの2GBはワイモバイルに引き継がれず、ソフトバンクの月額料金も満額請求されます。

⑧最新機種の発売タイミングが遅め

ワイモバイルでは多数のスマホを販売していますが、最新機種の発売タイミングは遅めです。

たとえば2021年9月に発売されたiPhone 13シリーズは、2022年7月現在もまだワイモバイルの取り扱いがありません。

最新端末をすぐに手に入れたい場合は、ソフトバンクのオンラインショップを利用してスマホを購入しましょう。

⑨おうち割 光セットは再申し込みが必要

ワイモバイルでは、ソフトバンクと同じソフトバンクエアーやソフトバンク光と一緒に契約すると、お得なスマホセット割を利用できます。

ワイモバイルで利用できるのはソフトバンクの「おうち割 光セット」とは、割引額が異なる「おうち割 光セット(A)」です。

ソフトバンクの解約と同時に今まで利用していたセット割は解約となるため、ソフトバンクエアー・ソフトバンク光を契約している人は、忘れずにセット割の再申し込みを行いましょう。

割引額は月額最大1,188円です。

ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えをおすすめできる人

ここまでの特徴を振り返ると、ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えをおすすめできるのは以下に該当する人です。

おすすめする理由を詳しく解説します。

スマホ料金を見直したい人

ソフトバンクの料金が高いと感じている人には、ワイモバイルへの乗り換えをおすすめします。

料金プランを見ると一目瞭然ですが、以下のように月額料金が安くなる可能性が濃厚です。

【ミニフィットプラン+との料金比較】
回線 ソフトバンク ワイモバイル
~1GB 3,278円 2,178円
~2GB 4,378円 2,178円
~3GB 5,478円 2,178円
~15GB 3,278円
~25GB 4,158円
※すべて税込み
【メリハリ無制限との料金比較】
回線 ソフトバンク ワイモバイル
~3GB 5,588円 2,178円
~25GB 7,238円 4,158円
25GB~ 7,238円
※すべて税込み

ただし、ワイモバイル以上に安い格安SIMもあります。

セット割を適用できるかどうかなど、ワイモバイルを利用するメリットが感じられるかどうかを細かく確認したうえで、乗り換えの有無を検討しましょう。

普段は忙しくて実店舗に行けない人

ワイモバイルは、オンラインでお申し込みを完結させることが可能です。

お問い合わせも年中無休で対応しているため、自分の好きなタイミングで申し込みや無料で見積もりをしてもらうことができますよ。

忙しくて実店舗に行く時間がない方や、じっくりお見積もりをしたい方は、ワイモバイル正規代理店Yステーションがおすすめです。

毎月のデータ量が30GBに収まる人

ワイモバイルのデータ量は、最大の「シンプルプランL」でも25GBです。

データ増量オプションを適用しても最大30GBまでにしかならないため、毎月のデータ量が30GB以内に収まる人にワイモバイルをおすすめします。

ワイモバイルには大容量プランや無制限プランがないので、30GB以上を使いたい人は他社回線の契約を検討しましょう。

ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えで使えるキャンペーン

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える際、適用できるキャンペーンは以下の4つです。

ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えで使えるキャンペーン

特典の内容と適用条件を詳しく見ていきましょう。

新どこでももらえる特典

エントリー後に初期登録を行うと、最大6,000円相当のPayPayポイントがプレゼントされます。

ワイモバイルが指定したYahoo!Japan IDのみ6,000円相当のポイントがもらえるため、自分が対象かどうかYahoo!Japan IDでログインしてから確認してみましょう。

対象ではなかった場合でも、最大3,000円相当のPayPayポイントがもらえるため、大変お得です。

【新どこでももらえる特典の概要】
期間 2021年6月1日~終了日未定
内容 契約するプランによって以下のポイントが付与される
  • シンプルS:PayPayポイント500円相当
  • シンプルM・L:PayPayポイント6,000円相当
条件
  • キャンペーンにエントリーすること
  • ワイモバイルでいずれかのプランに加入すること
  • Y!mobileサービス初期登録をすること

下取りプログラム

新規加入・機種変更をする際、それまで利用していた端末を下取りしてもらえるサービスです。

【下取りプログラムの概要】
期間 2016年11月1日~
内容 対象の下取り額がPayPayポイント、または購入機種代金値引きで還元される
条件
  • ワイモバイルに新規加入もしくは機種変更をすること
  • 対象スマホを下取りに出すこと

下取り額は端末とコンディションによって異なり、サイト内で表示されている満額が還元されるとは限らないため注意しましょう。

【正規代理店限定】最大20,000キャッシュバック

ワイモバイル正規代理店のYステーションでは、最大20,000円のキャッシュバックを受け取ることが可能です。

SIMのみの契約でも最大15,000円が貰えるため、大変お得です。

キャッシュバックの詳細は、下記のとおりです。

最大20,000円キャッシュバックキャンペーンの概要
契約種別 契約プラン キャッシュバック額
SIM契約+機種購入 シンプルL 一律20,000円
シンプルM 一律15,000円
シンプルS 一律5,000円
SIM契約のみ シンプルL MNP 15,000円
新規 3,000円
シンプルM MNP 10,000円
新規 3,000円
シンプルS MNP 6,000円
新規 3,000円

キャッシュバックは開通した翌週に振り込まれます。

業界最速級の速さです!

Yステーションでは、ワイモバイル公式のキャンペーンも併用できるため、公式から申し込むより格段にお得に契約できます。

ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えに関するよくある質問

最後に、ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えに関するよくある質問7つにお答えします。

気になるポイントから、タップして確認してみてください。

ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えはおすすめ?

ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えは、以下に該当する人におすすめできます。

詳しくは【ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えをおすすめできる人】で解説しているので、ぜひ確認してみてください。

ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えでSIMロック解除は必要?

ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えにあたり、SIMロック解除が必要な場合もあります。

2021年9月以前に購入したスマホの場合は、SIMロック解除が必要です。

詳しくは【⑥ソフトバンクのスマホはSIMロック解除が必要】で解説しています。

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えた後に機種変更はできる?

ワイモバイルでも多数の端末を取り扱っており、乗り換え後も機種変更できます。

ただし最新端末の発売は遅いため、状況に応じて他社窓口から端末を購入しましょう。

詳しくは【⑧最新機種の発売タイミングが遅め】で解説しています。

ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換え手順は?

ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えは、以下の4ステップで完了します。

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える流れ】では、画像付きで乗り換えの手順を解説しています。

ソフトバンクからワイモバイルへは即日乗り換えできる?

ソフトバンクからワイモバイルへは即日乗り換えが可能です。

また、実店舗を利用した新規契約もできます。

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えたらスマホ代金の残債はどうなる?

ソフトバンクからスマホを分割払いで購入した場合、ソフトバンクの解約時点で、契約内容によっては残債が発生することもあります。

この場合、ワイモバイルの契約後もソフトバンクに継続して支払いになるため乗り換え前にソフトバンク側で確認のうえ手続きをしましょう。

スマホ代金の残債があったとしても、ソフトバンクの解約やワイモバイルへの乗り換えが阻止される心配はありません。

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えた月の料金は日割りになる?

ワイモバイルは、契約初月は日割りで請求されます。

一方で、ソフトバンクの月額料金に日割りは適用されず、月初に解約したとしても月額料金の満額が請求されます。

また、ソフトバンクで残ったデータ量は引き継がれません。

詳しくは【⑦ソフトバンクで残ったデータ量が引き継がれない】で解説しているので、損しないタイミングを選んでワイモバイルに乗り換えましょう。

まとめ

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える際のメリットや注意点、乗り換え手順などをご紹介しました。

上記をふまえたうえで、ワイモバイルへの乗り換えは以下に該当する人におすすめできます。

ワイモバイルのメリット・注意点も確認したうえで、乗り換えするかどうかを検討してみてくださいね。

光回線おすすめ
×
光回線おすすめ
タイトルとURLをコピーしました