あなたの快適生活にリンクする。ハイホー。

個人会員規約

2016年4月1日付で、規約の改訂を行いました。
変更点はこちらをご覧ください。

第1章 総則

第1条(会員規約の適用)
この会員規約は、株式会社ハイホー(以下「当社」といいます)が「hi-ho」を通じて提供する各種会員向けサービス(以下「hi-hoサービス」といいます)を、会員が利用するにあたり、当社と会員との全ての関係に適用されるものとします。
第2条(用語の定義)

この会員規約における用語を以下の通り定義します。

  1. 「コンテンツサービス」とは、hi-hoサービスのうち、当社が指定するホームページでの閲覧やダウンロードにより、または、電子メール等の配信により、有料で特定の情報を提供するサービスの総称をいい、個々のコンテンツサービスを「個別サービス」といいます。
  2. 「接続サービス」とは、hi-hoサービスのうち、当社が提供する各種のインターネット接続サービスをいいます。
  3. 「コンテンツサービス会員」とは、当社によってコンテンツサービスを受けることを認められた者をいいます。
  4. 「接続サービス会員」とは、当社によって接続サービスおよびコンテンツサービスを受けることを認められた者をいいます。
  5. 「会員」とは、コンテンツサービス会員および接続サービス会員の総称をいいます。
  6. 「ID等」とは、当社が会員に貸与するユーザーID、自己の設定するパスワード、 その他hi-hoサービスを利用するために当社が会員に対して付与する記号もしくは番号をいいます。
  7. 「クレジットサービス」とは、 hi-hoインターネット総合サービス・クレジットサービス(個人用)をいいます。
  8. 「口座振替サービス」とは、hi-hoサービスの利用代金を、当社が料金等収納事務を委託する者(以下「料金収納事務受託者」といいます)を通じて、口座引き落としによって支払う方法をいいます。
  9. 「NTTファイナンス請求」とは、NTTファイナンス株式会社(以下「NTTファイナンス社」といいます)が提供する決済サービスを利用して、hi-hoサービスの利用代金を支払う方法をいいます。
  10. 「機器等」とは、hi-hoサービスを利用するために必要な端末、通信機器、ソフトウェア、その他これらに付随して必要となる全ての機器をいいます。
第3条(本規約の範囲と適用の優先)
  1. 当社が別途各hi-hoサービス毎に定める規定および会員が利用できる各サービスの内容、利用時間、利用料金、利用料金の支払方法等の利用条件その他第4条(会員への通知)に基づく会員に対する通知(以下これらを総称して「諸規定等」といいます)は、この会員規約の一部を構成するものとします。
  2. 会員規約の定めと諸規定等の定めとが異なる場合には、諸規定等の定めが優先して適用されるものとします。
第4条(会員への通知)
  1. 当社から会員への通知は、電子メール、書面の郵送または当社ホームページ上での掲載等、当社が適当と判断する方法により行うものとします。
  2. 前項の通知は、当社が当該通知の内容をホームページ上に表示した時点または電子メールおよび書面等が当社から発信等された時点より効力を生じるものとします。
第5条(会員規約等の変更)
  1. 当社は、会員の了承を得ることなく、hi-hoサービスのホームページ上に掲出する方法による会員への通知を行うことにより、この会員規約を相当な範囲内で変更することができるものとします。変更の内容は、当社が定める発効日より効力を有するものとします。ただし、発効日の定めがない場合には、hi-hoサービスのホームページ上に掲出を行った日から1週間を経過した日より効力を有するものとします。
  2. 第3条(本規約の範囲と適用の優先)に定める諸規定等の変更についても本条が適用されるものとします。
第6条(会員の条件)
会員は、個人に限るものとします。
第7条(入会申し込み)
  1. hi-hoサービスの利用を希望する者は、この会員規約および利用しようとするサービスに関する諸規定等を承認した上で、各サービス毎に当社が別途定める手続に従って、入会の申し込みを行うものとします。
  2. クレジットサービスにより利用料金を支払う場合は、クレジットサービスの会員規約を承認の上、クレジットサービスの提供者(以下「クレジットサービス提供者」といいます)にクレジットサービス提供の申し込みを行い、クレジットサービス提供者より承認された方のみ入会の申し込みをしていただくことができます。
  3. 口座振替サービスにより利用料金を支払う場合は、料金収納事務受託者に口座振替サービス提供の申し込みを行い、料金収納事務受託者より承認された方のみ入会の申し込みをしていただくことができます。 ただし、口座振替サービスの利用は、当社所定の条件を満たした場合に限るものとします。
  4. 「NTTファイナンス請求」により利用料金を支払う場合は、NTTファイナンス社にサービス利用の申し込みを行い、NTTファイナンス社より承認された方のみサービスを利用いただくことができます。
第8条(会員登録)
  1. 前条に基づく申し込みを行った者は、当該申し込みに対して当社が承諾したときをもって、会員として登録されるものとし、この会員規約、利用するサービスに関する諸規定等を遵守することを条件に、hi-hoサービスを利用することができます。
  2. 当社は次の場合、申し込みを承諾しないことがあります。
    1. 入会申し込み者が実在しないことが判明したとき
    2. 入会申し込みをした時点で、会員規約の違反等によりhi-hoサービスの全部または一部の利用を停止され、あるいは会員資格の停止処分中であるとき
    3. 入会申し込みの際の申告事項に、虚偽の記載、誤記、または記入漏れがあったとき
    4. 入会申し込みをした時点でhi-hoサービスの利用料金の支払いを怠っているとき、過去に支払いを怠ったことがあることが判明したとき、または利用料金の支払いを怠るおそれがあることが明らかであるとき
    5. 入会申し込みにあたり、クレジットカードによる利用料金の支払方法を選択し、当社がこれを承諾した方が、選択したクレジットカードの名義人でないとき
    6. 入会申し込みにあたり、入会申し込み者が届け出たクレジットカードが、クレジットカード会社からクレジット利用契約の解除、脱会その他の理由により、その利用を認められていないとき
    7. 入会申し込みにあたり、クレジットサービスによる利用料金の支払方法を指定した方が、クレジットサービス提供者からクレジットサービスの提供を認められないとき
    8. 入会申し込みにあたり、口座振替サービスによる利用料金の支払方法を指定した方が、料金収納事務受託者から口座振替サービスの提供を認められないとき
    9. 入会申し込みにあたり、「NTTファイナンス請求」による利用料金の支払方法を選択し、申し込み手続きを行ったが、NTTファイナンス社からサービスの利用を認められないとき
    10. 入会申し込みにあたり、法定代理人の同意が必要であるにもかかわらず、当該同意のない意思表示が行われたことが判明したとき
    11. 過去に会員規約の違反等によりhi-hoサービスの全部または一部の利用を停止され、あるいは退会処分を受けたことがあると判明したとき
    12. 申し込み者が第17条(禁止事項)各号の事由に該当するとき、またはそのおそれがあることが明らかであるとき
  3. 前項の規定により申し込みを拒絶したときは、当社は、当社において可能な範囲で、申し込み者に対しその旨を通知します。
  4. 当社は、第2項に掲げる事由の判断のため、申し込み者に対し、当該申し込み者の身分証明に係る公的書類その他の書類の提出を要求する場合があります。この場合において当該申し込み者から当該書類の提出が行われない間は、当社は、第2項に基づく申込の承諾を留保または拒絶するものとします。
  5. 前項により当社が入会を承認しないことを決定するまでの間に、当該入会申し込み者がhi-hoサービスを利用したことにより発生した利用料その他の債務は、当該入会申し込み者が負担するものとし、当該入会申し込み者は第12条(利用料金と支払い)の規定に準じて支払うものとします。
第9条(契約事項の変更)
  1. 会員は、その氏名、住所、電話番号、連絡先、クレジットカードに係る事項、口座振替に関する事項の変更、「NTTファイナンス請求」に関する事項の変更、その他申し込みの際に当社に届け出た内容に変更があった場合には、速やかに所定の方法で当社に変更の届出をするものとします。
  2. 前項の届出がなかったことによって会員に不利益が生じた場合であっても、当社は一切その責任を負わないものとします。
  3. 会員は、この会員規約及び諸規定等に明示的に定められている場合に限り、利用しているhi-hoサービスの内容変更を、当社に対して申し込むことができるものとします。この場合において、前条第2項の規定は当該内容変更に係る申し込みについて準用するものとします。
第10条(会員の地位の引き継ぎ)
  1. 会員である個人(以下この項において「元会員」といいます。)が死亡したときは、当社が会員の死亡の事実を知った時点をもって、当該個人に係る会員資格は取り消しとなります。ただし、相続開始の日から2週間を経過する日までに当社に申出をすることにより、相続人(相続人が複数あるときは、最初に申し出た相続人)は、引き続き当該会員資格に係るhi-hoサービスの提供を受けることができます。当該申出があったときは、当該相続人は、元会員の当該会員資格の地位(元会員の当該会員資格上の債務を含みます。)を引き継ぐものとします。
  2. 第8条(会員登録)の規定は、前項の場合について準用するものとします。

第2章 会員の義務等

第11条(ID等の管理責任)
  1. 会員は、ID等の使用および管理について責任を負うものとし、ID等を貸与、譲渡、売買等したり、第三者に利用させてはならないものとします。
  2. 会員は、パスワードを定期的に変更するものとします。
  3. ID等を用いたhi-hoサービスの利用その他一切の行為は、当該利用や行為が会員自身の行為であるか否かを問わず、当該ID等を保有する会員による利用および行為とみなします。ID等が第三者に使用されたことによって当該会員が被る損害については、当該会員の故意過失の有無にかかわらず、当社は一切責任を負いません。
  4. 会員は、ID等を忘れた場合や第三者に使用されていることを知った場合には、速やかに当社に届け出るものとします。
第12条(利用料金と支払い)
  1. hi-hoサービスの利用にあたって会員が支払うべきサービス利用料等の料金(以下「利用料金」といいます)および利用料金の算定方法は、当社が別途定めるものとします。 利用料金の支払義務は、会員登録が完了した時点から発生するものとします。
  2. 利用料金は、各月の1日から同月末日までを1料金月として計算します。ただし、一部のサービス利用料金は、当該月におけるhi-ho サービスを提供した期間に係る月額料金の額とします。該当する一部のサービスは、hi-hoサービスのホームページ上に掲出します。
  3. 初期費用の支払義務は、当社がhi-hoサービスの利用の申込を承諾した時に発生します。なお、初期費用の額は、hi-hoサービスの種類毎に定めるものとします。
  4. 利用料金が、アクセス時間等の利用実績に基づく場合、当社の機器により測定し算出します。
  5. 利用料金のうち、サービスの利用量に比例しない料金(以下「基本料」といいます)は、第31条(当社による会員のサービス利用の停止または会員資格の取消)に規定する事態が利用月の途中に発生した場合でも、本条2項の一部のサービス利用料金を除き、日割計算をせず、会員は同月末日までの1料金月分の料金全額を支払うものとします。
  6. 会員が料金を支払う際に費用を要する場合、その費用については会員の負担となります。
  7. 当社は、第4条(会員への通知)に定める方法で会員に事前に通知することにより、利用料金およびその支払い方法を変更することができるものとします。
  8. 会員は、クレジット会社との契約もしくはクレジットサービスの会員規約、口座振替サービスのご利用に関して定められている条件、または「NTTファイナンス請求」のご利用に関して定められている契約条件に基づき、利用料金の支払いを行うものとします。
  9. 会員は、hi-hoサービスの利用に関連して第三者との間でサービス利用料等が発生した場合において、当該料金を当社に対して支払うことが別途定められているときには、本条に基づき当該料金の支払いを行うものとします。
  10. 当社は、会員に、利用料金の支払遅延等の事由がある場合、当社が会員に対して有する利用料金その他の債権の弁済請求及び弁済の受領に関する業務を、第三者(弁護士その他当該業務の実施を法令によって認められている者に限ります)に委託できるものとします。
第13条(機器等の管理責任および費用負担)
  1. 機器等の準備、設置、接続および設定、ならびに回線利用契約の締結やコンテンツサービスの利用におけるインターネット接続サービスへの加入等の通信環境の整備、設定およびそれらの維持管理に関する一切については、会員が自己の費用と責任において行うものとします。
  2. 当社は、会員がhi-hoサービスを利用するにあたり使用する通信機器、ソフトウェアおよびこれらに付随して必要となる全ての機器との互換性を確保するために、当社の管理する設備、システムもしくはソフトウェアを改造、変更または追加したり、hi-hoサービスの提供方法を変更する義務を負わないものとします。
第14条(会員における責任)
  1. 会員が、hi-hoサービスの利用およびhi-hoサービスを利用してなした一切の行為(第11条(ID等の管理責任)3項により、会員による利用または行為とみなされる第三者の利用や行為を含みます。以下同様とします)とその結果についての責任は、会員に帰属するものとします。
  2. 会員は、自己の責に帰すべき事由によって、hi-hoサービスの全部または一部を利用できないことにつき、一切の責任を負うものとします。
  3. 会員は、hi-hoサービスの利用に伴って他の会員あるいは第三者から問合せ、申立等を受け、または紛議が生じた場合には、自己の責任と費用をもって処理解決するものとします。
  4. 会員は、他の会員あるいは第三者の行為に対して、要望、申立等がある場合には、自己の責任と費用をもって、当該会員あるいは当該第三者との間で直接処理解決するものとします。
  5. 会員は、hi-hoサービスの利用またはこの会員規約に違反することにより当社、他の会員または第三者に対して損害を与えた場合、自己の責任と費用をもって当該損害を被った者に対して、賠償責任を負うものとします。
第15条(著作権等)
会員は、当社がhi-hoサービスを通じて会員に提供する情報(映像、音声、文章等を含む。以下同じ)に関する著作権その他の知的財産権については、当社または当社が許諾を受けている権利者に当該著作権が帰属していること、および、当社または当社が許諾を受けている権利者が許諾している範囲でのみ利用できることを確認するものとします。
第16条(権利の譲渡等の禁止)
  1. 会員は、会員資格、hi-hoサービスを利用する権利、その他この会員規約に基づく権利、義務の全部または一部を第三者に譲渡し、あるいは貸与、売買、名義変更、質権の設定その他の担保に供する等の行為を行うことはできないものとします。
  2. 前項にかかわらず、当社は、やむを得ない事情があると当社が判断した場合に限り、会員資格を第三者に移転することを認める場合があります。
第17条(禁止事項)

会員は、hi-hoサービスの利用にあたり、次の行為を行わないものとします。

  1. 他の会員、第三者または当社の財産、著作権、その他の知的財産権を侵害する行為
  2. 他の会員、第三者または当社を差別し、もしくはこれらの者の人権を侵害する行為
  3. 他の会員、第三者または当社を誹謗中傷し、これらの者の名誉・信用を毀損し、もしくはそのプライバシーまたは肖像権を侵害する行為
  4. 犯罪行為、または犯罪に結びつく虞のある行為
  5. 猥褻、児童ポルノまたは児童虐待にあたる画像、文書等を送信・掲載する行為
  6. 青少年に対して、性、暴力等の有害な情報を提供する行為
  7. 他の会員、第三者に対して、公序良俗に反する情報、文章、図形等を提供する行為
  8. コンピューターウイルス等有害なプログラムを使用・提供する行為、または他者が受信可能な状態におく行為、もしくはこれらの行為を支援・宣伝・推奨する行為
  9. 事実に反する情報を送信・掲載する行為、または情報を改ざん・消去する行為
  10. 無限連鎖講(ネズミ講)を開設し、またはこれを勧誘する行為
  11. 選挙期間中であるか否かを問わず、選挙運動またはこれに類似する行為および公職選挙法に抵触する行為
  12. 当社または第三者が管理するサーバ等の設備の運営を妨げる行為
  13. 当社が提供するサービスの運営を妨げる行為
  14. 会員が保有する機器等による大量な情報の送信または受信により、複数の利用者で共有される通信帯域の多くを専有する行為
  15. 他の会員、第三者または当社の施設、設備、機器等に対して許可なくアクセスする行為、もしくはその虞のある行為
  16. 他の会員または第三者に対して、受信者に無断で広告宣伝または勧誘のメールを送信する行為、大量のメールを送信する等により他の会員または第三者のメール送受信を妨害する行為、もしくは受信者が嫌悪感を抱く、またはその虞のあるメールを送信する行為
  17. 自己のID等を故意に他人に公開し、あるいは他の会員、第三者に利用させる行為
  18. 他の会員もしくは第三者になりすましてhi-hoサービスを利用する行為
  19. 他の会員、第三者の保有している情報等を詐欺的な手段により収集、または開示する行為
  20. IDの多重ログインを行う行為
  21. hi-hoサービスの利用に際して第三者が提供するサービスの利用を伴う場合に、当該第三者が定める規約、規則等に反する行為
  22. 法令または公序良俗に違反する行為、もしくは他の会員もしくは第三者に不利益を与える行為
  23. 前各号に定める行為を助長する行為
  24. 前各号に該当する虞があると当社が判断する行為
  25. その他、当社が不適切と判断する行為
第18条(会員が提供した情報の削除等)
  1. 当社は、会員がhi-hoサービスを通じて提供、登録、蓄積した情報等が前条の禁止事項に違反すると判断した場合、当社の判断により、会員に通知することなく当該情報等へのアクセスを制限し、または削除することができるものとします。この場合、当社は削除等の理由を開示する義務を負わないものとします。
  2. 前項の定めは、当社が会員の提供、登録、蓄積した情報等を監視し、アクセスを制限し、あるいは削除する義務を負うことを意味するものではありません。また、当社が会員の提供した情報等をアクセス制限あるいは削除しなかったことにより会員または第三者が被った損害に関し、一切責任を負うものではありません。

第3章 当社の義務等

第19条(個人情報の取り扱い)
  1. 当社は、会員個人を識別することができる情報(以下「個人情報」といいます。)を、別途オンライン上に掲示する「個人情報保護方針」に基づき、適切に取り扱うものとします。
  2. 会員は、当社がhi-hoサービスを通じて会員の個人情報の収集を行い、以下の目的のために利用することを了解するものとします。
    1. hi-hoサービスの提供のため
    2. 当社、株式会社インターネットイニシアティブおよびその他当社の提携先が取り扱う商品、サービスに関する催物の案内、ダイレクトメール(電子メールを含む)、宣伝印刷物その他の情報の送付のため、その他当該商品、サービスに関する業務遂行のため
    3. 今後当社が新たに個人情報の利用を行うに際してその同意を求めるため
    4. その他、別途会員から同意を得た範囲内において利用するため
  3. 当社は、前項の利用目的を実施する上で必要な範囲内において、個人情報を委託先に預託することができるものとします。
  4. 当社は、hi-hoサービスを通じて当社が知り得た会員の個人情報について、以下の各号に該当する場合を除き、第三者(他の会員を含む)に開示し、あるいは提供しないものとします。
    1. 会員が自ら自己の氏名、住所、性別、年齢、メールアドレスその他の個人情報を当該第三者に開示し、あるいは当該第三者に開示することに同意しているとき
    2. 法令の規定に基づき、裁判所、警察、検察その他の国家機関またはこれに類する機関より、会員の個人情報の開示を求められたとき
    3. 特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限および発信者情報の開示に関する法律第4条(発信者情報の開示請求等)に基づく開示請求がなされたとき
    4. 当社あるいは第三者(他の会員を含む)の生命、健康、財産、権利等を保護するために必要であると当社が合理的に判断したとき
    5. その他、hi-hoサービスの運営に必要なとき
  5. 会員は、当社が定める方法、連絡先に従って通知することにより、当社が当該会員の個人情報を利用し、あるいは提供することを中止するように申し出ることができるものとします。この場合、当社は速やかにこの申し出に応じるものとします。ただし、前項(2)ないし(4)に該当する場合はこの限りではありません。
  6. 会員は、前項の結果、当社による自己の個人情報の利用、提供を中止することにより、hi-hoサービスまたはそれに付随するサービスの一部の利用、提供等が制限される場合があることに同意するものとします。
  7. 会員は、当社が定めた手続きに従い、当社に登録されている自己の個人情報の開示を求めることができるものとします。開示の結果、自己の個人情報に誤りがあった場合、会員は、当該情報の訂正または削除を求めることができます。
  8. 当社は、予め会員の承諾を得た場合を除き、Cookieによって個人を特定できるような情報を取得しないものとします。CookieとID等との組み合わせによって会員の利用状況を把握することができる場合、当社は、当該情報を個人情報と同等に取り扱うものとします。
  9. 当社は、第4項にかかわらず、会員によるhi-hoサービスの利用に係わる債権・債務の特定、支払いおよび回収に必要と認めた場合に、必要な範囲でクレジットカード会社、銀行、郵便局等の金融機関または取引先等に個人情報を開示できるものとし、会員はこれに同意するものとします。
  10. 当社は、収集した個人情報をもとに、マーケティング調査・分析データ、hi-hoサービスその他のサービスや商品等に関する利用や嗜好等の傾向分析データなど、会員個人が特定できない方法、形式に加工したものを作成し、これを自ら利用し、あるいは第三者に開示、提供等できるものとします。
第20条(通信の秘密)
当社は、法令の定めるところにより、会員の通信の秘密を保護するものとします。

第4章 接続サービス

第21条(接続サービスの内容)
当社は、接続サービスの内容、利用条件等の詳細について、別途所定の方法により会員に通知するものとします。
第22条(オプションサービスの利用)
接続サービス会員は、接続サービスに関連して当社が提供するオプションサービスを利用しようとする場合、個々のオプションサービス毎に定められる諸規定等を承諾の上、別途当社が定める方法によって、申し込むものとします。当社がこれを承諾した場合、当該接続サービス会員は、当該オプションサービスを利用することができるものとします。
第23条(オプションサービスの利用の終了)
  1. 接続サービス会員は、オプションサービスの利用を終了しようとする場合、所定の方法により、当社が別途定める期日までにその旨を当社に通知するものとし、当社は通知された内容を確認のうえ、これを受理することとします。この場合、当該期日の属する月の末日をもって、当該オプションサービスの利用は終了するものとします。
  2. 当社は、前項に基づき接続サービス会員からなされた通知に記入漏れ等の不備を認めた場合、当該通知を受理せず、当該会員に不備を是正した通知を行うよう、再度要求することができるものとします。この場合、不備の是正がなされた通知を当社が受理した日の属する月の末日をもって、当該オプションサービスの利用は終了するものとします。

第5章 コンテンツサービス

第24条(コンテンツサービスの内容)
当社は、コンテンツサービスの内容、利用条件等の詳細について、別途所定の方法により会員に通知するものとします。
第25条(コンテンツサービスの利用)
接続サービス会員またはコンテンツサービス会員が個別サービスを利用する場合、個別サービス毎に定められた諸規定等を承諾のうえ、別途当社が定める方法によって、申し込むものとします。当社がこれを承諾した場合、コンテンツサービス会員は当該個別サービスを利用することができるものとします。
第26条(第三者が提供するサービス)
  1. 個別サービスにおいて、売主または役務提供主として表示されている当社以外の第三者(以下「提供主」といいます)によって商品またはサービスの提供が行われている場合には、当該商品またはサービスの提供に係る売買契約、役務提供契約その他付随する契約の一切は、提供主が提示する規定および条件に基づき、提供主と接続サービス会員またはコンテンツサービス会員の間で成立するものとします。
  2. 提供主と接続サービス会員またはコンテンツサービス会員との間で成立する契約については、当社はその成立、解除、履行その他について何等の義務または責任を負うものではありません。このことは、当社が接続サービス会員またはコンテンツサービス会員からの申し込みを提供主に取次ぐ場合も同様とします。
  3. 提供主と接続サービス会員またはコンテンツサービス会員との間で成立した商品またはサービスの提供に係る契約に関する代金(以下「購入代金」といいます)は、提供主が提示する規定に従い、接続サービス会員またはコンテンツサービス会員が提供主に対して支払うものとします。
  4. 前項において提供主が購入代金に関する債権を当社に譲渡し、または当該債権の回収を委託する旨を規定している場合には、接続サービス会員またはコンテンツサービス会員はこれに同意するものとし、当社に対して、購入代金の支払いを行うものとします。
第27条(個別サービスの利用の終了)
  1. 接続サービス会員またはコンテンツサービス会員は、個別サービスの利用を終了しようとする場合、所定の方法により、当社が別途定める期日までにその旨を当社に通知するものとし、当社は通知された内容を確認の上、これを受理することとします。この場合、当該期日の属する月の末日をもって、当該個別サービスの利用は終了するものとします。
  2. 当社は、前項に基づき接続サービス会員またはコンテンツサービス会員からなされた通知に記入漏れ等の不備を認めた場合、当該通知を受理せず、当該会員に不備を是正した通知を行うよう、再度要求することができるものとします。この場合、不備の是正がなされた通知を当社が受理した日の属する月の末日をもって、当該個別サービスの利用は終了するものとします。

第6章 hi-hoサービスの変更、中止等

第28条(hi-hoサービスの内容変更)
当社は、第4条(会員への通知)に定める方法にて会員への事前の通知を実施した上で、hi-hoサービスの内容、名称を変更できるものとします。
第29条(hi-hoサービスの提供の中止等)
  1. 当社は、第4条(会員への通知)に定める方法にて会員に事前通知をした上で、hi-hoサービスの全部または一部の提供を中止または廃止することがあります。
  2. 当社は、hi-hoサービスの提供の中止または廃止の際、前項の手続きを経ることにより、中止または廃止に伴う会員または第三者からの損害賠償の請求を免れるものとします。
第30条(hi-hoサービスの一時中断)

当社は、以下のいずれかの事由が生じた場合には、会員に事前に通知することなく、一時的にhi-hoサービスを中断することがあります。

  1. hi-hoサービスの提供に関連する設備等の保守を定期的にまたは緊急に行う場合
  2. 火災、停電あるいは、地震、噴火、洪水、津波等の天災、その他不可抗力によりhi-hoサービスの提供ができなくなった場合
  3. 戦争、動乱、暴動、騒乱、労働争議等によりhi-hoサービスの提供ができなくなった場合
  4. その他、運用上または技術上当社がhi-hoサービスの一時的な中断が必要と判断した場合

第7章 会員資格の停止、退会

第31条(当社による会員のサービス利用の停止または会員資格の取消)
  1. 当社は、会員が次に掲げる事由に該当するときは、当該会員の利用に係る全てのhi-hoサービスについてその全部もしくは一部の提供を停止または利用を制限することがあります。
    1. この会員規約および諸規定等に定める会員の義務に違反したとき
    2. 料金等の債務の支払いを怠り、または怠るおそれがあることが明らかであるとき
    3. 違法に、または明らかに公序良俗に反する態様においてhi-hoサービスを利用したとき
    4. hi-hoサービスを直接または間接に利用する者の当該利用に対し重大な支障を与える態様においてhi-hoサービスを利用したとき
    5. hi-hoサービスの信用を毀損するおそれがある態様においてhi-hoサービスを利用したとき
    6. 第8条(会員登録)第2項に定める申込の拒絶事由に該当するとき
    7. クレジットカード会社からクレジットカードの利用を認められなくなったとき、または会員の指定するクレジットカードによる利用料金の決済ができなくなったとき
    8. クレジットサービスの利用において、クレジットサービス提供者からクレジットサービスの提供が認められなくなったとき、またはクレジットサービスによる利用料金の決済ができなくなったとき
    9. 口座振替サービスの利用において、料金収納事務受託者から口座振替サービスの提供が認められなくなったとき、または会員の指定する口座から利用料金の決済ができなくなったとき
    10. NTTファイナンス社から、「NTTファイナンス請求」の利用を認められなくなったとき、または「NTTファイナンス請求」による利用料金の決済ができなくなったとき
    11. 会員により、hi-hoサービスに関する利用料金等の支払債務の履行遅延または不履行があったとき
    12. 前各号に掲げる他、当社が不適切と判断する態様においてhi-hoサービスを利用したとき
  2. 当社は、前項の規定による利用の停止または制限の措置を講じるときは、会員に対し、あらかじめその理由(該当する前項各号に掲げる事由)および期間を通知します。ただし、緊急やむを得ないときは、この限りではありません。
  3. 当社は、第1項の規定にかかわらず、当該会員に対し、同項の措置に替えて、期限を定めて当該事由を解消すべき旨を求めることができます。ただし、この措置は、当社が第1項の措置を取ることを妨げるものではないものとします。
  4. 当社からhi-hoサービスの利用に関し説明を求められたときは、会員は、当社に対し、当該要請に応じるものとします。ただし、会員の当該利用に係る行為が法令に違反していない場合において、業務上の秘密その他正当な理由があるときは、この限りではありません。
  5. 当社は、会員が第1項各号のいずれかに掲げる事由に該当する場合(第1項の規定に基づいてhi-hoサービスの提供の停止、利用の制限が行われているか否かを問いません。)であって、当該事由が当社の業務に支障をおよぼすと認められるときは、会員の資格を取り消す場合があります。
  6. 本条に基づきhi-hoサービスの利用が停止され、または会員の資格を取り消された会員は、この会員規約に基づく債務の履行に関する期限の利益を失います。
  7. 当社は、本条に基づき会員のhi-hoサービス利用を停止し、制限し、または会員の資格を取消した場合であっても、当該会員によって既に支払われた利用料金その他hi-hoサービスにおける費用等に関し、一切払い戻しに応じる義務は負わないものとします。
第32条(退会)
  1. 会員は、退会しようとする場合、サービス毎に所定の方法により、当社が別途定める期日までにその旨を当社に通知するものとし、当社は通知された内容を確認のうえ、これを受理することとします。この場合、当該期日の属する月の末日をもって、当該会員は退会するものとします。この場合、当社は、既に支払われた利用料金その他hi-hoサービスにおける費用等に関し、一切払い戻しに応じる義務は負わないものとします。
  2. 当社は、前項から基づき会員からなされた通知に記入漏れ等の不備を認めた場合、当該通知を受理せず、当該会員に不備を是正した通知を行うよう、再度要求することができるものとします。この場合、不備の是正がなされた通知を当社が受理した日の属する月の末日をもって、当該会員は退会するものとします。
  3. 会員は、本条により退会する場合であっても、当該時点において発生している利用料金その他の当社に対する債務の履行は第12条(利用料金と支払い)に基づきなされるものとします。
  4. 本条に基づき会員が退会した場合、hi-hoサービスに関連するオプションやコンテンツ等、利用時に第三者との間で締結されている契約、その他hi-hoサービスの利用に関する契約についても同時に解約されるものとします。

第8章 損害賠償等

第33条(接続サービスに関する損害賠償)
  1. 当社の責に帰すべき事由(第30条(hi-hoサービスの一時中断)第1号、第4号を除く)により、接続サービス会員が接続サービスを全く利用し得ない状態が生じた場合において、当社が当該状態が生じたことを知ったときから連続して24時間以上の時間(以下「利用不能時間」といいます)当該状態が継続したときは、当社は、当該接続サービス会員に対し、その請求に基づき、利用不能時間を24で除した数(小数点以下の端数は切り捨てます)に接続サービスの月額の基本料の30分の1を乗じて算出した額を、接続サービスの料金から減額します。ただし、接続サービス会員が当該請求をし得ることとなった日から3ヶ月を経過する日までに当該請求をしなかったときは、当該接続サービス会員はその権利を失うものとします。
  2. 前項に定める接続サービスの利用不能が、当社がその業務の全部または一部を委託している他の電気通信事業者の責に帰すべき事由により発生した場合、当社が接続サービス会員に対して応じるべき損害賠償の額の総額は、かかる事由に関して当該電気通信事業者から当社が受領した損害賠償額(以下「賠償限度額」といいます)を上限とします。ただし、個々の接続サービス会員に対して支払われるべき賠償額については、前項に定める規定の適用を妨げるものではないものとします。
  3. 前項において、賠償の対象となる接続サービス会員が複数ある場合、当該損害を被った全ての接続サービス会員の損害に対する当社の賠償すべき損害の額は、賠償限度額を限度とするものとします。なお、賠償すべき損害額の合計が賠償限度額を超える場合、賠償の対象となる個々の接続サービス会員への賠償金額は、賠償限度額を第1項により算出された各接続サービス会員に対して返還すべき額で比例配分した金額とします。
第34条(コンテンツサービスに関する損害賠償)
  1. 当社は、接続サービス会員またはコンテンツサービス会員に提供する個別サービスに関して、当社の責めに帰すべき事由によって、個別サービスの全部または一部が利用し得ない状態が生じたとき、当該個別サービスが月単位の基本料によって提供されている場合には、当社が当該状態が生じたことを知ったときから連続して7日間(168時間)以上の時間(以下「利用不能時間」という)当該状態が継続したときは、当社は接続サービス会員またはコンテンツサービス会員に対し、その請求に基づき、利用不能になった個別サービスに係る月額の基本料に以下の割合を乗じて算出した額を、コンテンツサービスの利用料金から減額します。ただし、接続サービス会員またはコンテンツサービス会員が当該請求をし得ることとなった日から3ヶ月を経過する日までに当社に対して請求しなかったときは、接続サービス会員またはコンテンツサービス会員はその権利を失うものとします。
     各月の1日から同月末日までの間の利用不能時間が、
     連続して7日以上14日未満の場合 25%
     14日以上21日未満の場合 50%
     21日以上の場合 100%
     なお、利用不能となった個別サービスが月単位の基本料以外の課金方法によって提供される場合の措置については、別途、当該個別サービスに関する諸規定等によって定めるものとします。
  2. 前項に基づく利用不能により接続サービス会員またはコンテンツサービス会員に生じる一切の損害につき、当社は本条に定める利用料金の減額以外に、いかなる責任も負わないものとします。
  3. 提供主と接続サービス会員またはコンテンツサービス会員との間で成立した商品またはサービスの提供に係る契約に基づき生じた損害については、当該提供主が定める条件に従うものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。
第35条(免責)
  1. 当社は、hi-hoサービスの提供、遅滞、変更、中止もしくは廃止について、この会員規約に明示的に定める以外、会員に対して一切責任を負わないものとします。
  2. 当社は、hi-hoサービスの利用に関して会員、利用者に発生した損害について、当社の故意または重大な過失によって当該損害が生じた場合を除き、いかなる責任も負わないものとし、一切、損害賠償を負担する義務はないものとします。ただし、別途当社が定める場合は、これを除くものとします。
  3. 第三者の責に帰すべき事由によって、会員がhi-hoサービスの全部または一部を利用できないことにつき、当社は一切の責任を負いません。
  4. 当社は、hi-hoサービスの内容、および会員がhi-hoサービスを通じて得る情報等について、その正確性、完全性、確実性、有用性等につき、いかなる保証も行わないものとします。
  5. 当社は、会員がhi-hoサービスを通じて登録、提供したデータの消去(本人による削除は除きます。)、改ざん等について、この会員規約に明示的に定める以外、会員に対して一切責任を負わないものとします。

第9章 その他

第36条(準拠法)
この会員規約の成立、効力、履行および解釈に関しては、日本法が適用されるものとします。
第37条(協議および管轄裁判所)
hi-hoサービスに関して会員と当社との間で問題が生じた場合には、会員と当社の間で誠意をもって協議するものとします。協議しても解決せず、訴訟の必要が生じた場合は、訴額の如何に拘らず、東京地方裁判所を第1審の専属管轄裁判所とすることに合意するものとします。
附則
  • この会員規約は2009年1月23日から実施します。

2016年4月1日 一部改訂