あなたの快適生活にリンクする。ハイホー。

データ復旧 利用規約

「データ復旧 」(別紙に定めるものとし、以下「本サービス」といいます。)は、株式会社ハイホー(以下「当社」といいます。)がお客様に対し、「データ復旧 利用規約」(以下「本規約」といいます。)に基づき提供するサービスをいいます。
  1. 本サービスの利用を希望するお客様は、本規約及び別紙に付属するAOSリーガルテック株式会社(以下「AOSリーガルテック」といいます。)の定める「データ復旧安心サービスご利用規約」(以下「AOS規約」といいます。)に同意の上、当社の定める方法により本サービスを利用するための登録(以下「利用登録」といいます。)を行うものとします。なお、利用登録を完了させ、当社が承諾したお客様を「利用者」といいます。
  2. 本サービスの利用につき、本規約に定めのない事項については、AOS規約に従うものとし、本規約にAOS規約の定めが矛盾抵触する場合には、本規約が優先して適用されるものとします。
  1. 利用者は、当社の指定する利用料金(以下「利用料金」といいます。)を、当社が定める方法にて、当社が指定する期日までに支払うものとします。
  2. 利用者が、月の途中で本サービスに申込む場合、及び、月の途中で本サービスに関する利用契約(以下「利用契約」といいます。)が終了した場合、当該月の利用料金の日割り計算は行われないものとします。
  3. 当社の責めに帰すべき事由によらず、本サービスの全部ないし一部を使用することができなくなった場合であっても、利用料金の減額・返還、損害賠償を含め、当社は一切の責任を負わないものとします。
当社は、利用者が利用契約に基づく債務の支払を遅延したときは、利用者に対し支払期日の翌日から完済に至るまで、年率14.6%の割合による遅延損害金を請求することができるものとします。 利用者は、当社に対して本サービスに関する問合せを行う場合、当社の定める方法により連絡をするものとします。
  1. 当社は、利用者に対する事前の通知又は承諾を得ることなく、本規約又は本サービスの内容を変更することができるものとします。
  2. 当社は、前項に基づき本規約又は本サービスの内容を変更した場合、変更後の本規約又は本サービスの内容を利用者に当社が指定する方法により通知するものとします。
  3. 本規約又は本サービスの内容が変更された場合、変更後の本規約及び本サービスの内 容が適用されるものとします。
  4. 当社は、利用者に対する事前の通知又は承諾を得ることなく、本サービスの一部又は全部を変更又は廃止することができるものとします。
  • 利用者は、本サービスを利用するにあたり、以下の各号に定める行為を行ってはならないものとします。
    1. 第三者又は当社の著作権、商標権、その他の権利を侵害する行為、又は侵害するおそれのある行為。
    2. 第三者又は当社の財産若しくはプライバシーを侵害する行為、又は侵害するおそれのある行為。
    3. 第三者又は当社の名誉、信用を毀損し、又は誹謗中傷する行為。
    4. 第三者又は当社に不利益若しくは損害を与える行為、又はそのおそれのある行為。
    5. 関係法令若しくは公序良俗に反する行為、若しくはそのおそれのある行為。
    6. 申込に当たって虚偽の事項を記載する行為。
    7. 利益目的で自己の事業において利用する行為。
    8. 他人になりすまして各種サービスを利用する行為。
    9. 猥褻、虐待等、児童及び青少年に悪影響を及ぼす情報、画像、音声、文字、文書等を送信、記載又は掲載する行為。
    10. 無限連鎖講(ネズミ講)若しくはマルチまがい商法を開設し、又はこれを勧誘する行為。
    11. 連鎖販売取引(マルチ商法)に関して特定商取引に関する法律(昭和51年法律第57号)に違反する行為。
    12. ウィルス等の有害なコンピュータープログラム等を送信し、又は掲載する行為。
    13. 犯罪行為又はそれを誘発若しくは扇動する行為。
    14. 売春、暴力、残虐等、公序良俗に違反し、又は他人に不利益を与える行為。
    15. 当社若しくは他社の設備の利用若しくは運営、又は他の契約者の平均的な利用の範囲に支障を与える行為、又は与えるおそれがある行為。
    16. 前各号に該当するおそれがあると当社が判断する行為。
    17. その他、本規約の規定に違反すると当社が判断する行為及び当社が不適切と判断する行為。
  • 利用者は、当社の書面による事前の承諾なくして利用者として有する権利及び義務の全部又は一部を第三者に譲渡又は担保に供する等一切の処分をしてはならないものとします。
  • 利用者が本規約の各条項のいずれかに違反したことにより、当社又は第三者に損害を与えた場合には、当社又は第三者が被った損害(逸失利益、訴訟費用及び弁護士費用等を含むがこれに限定されないものとします。)等を全額賠償する責任を負うものとします。
  1. 当社から利用者への通知は、書面の送付、電子メールの送信、ファックスの送信、Webサイトへの掲載又はその他当社が適切と判断する方法により行うものとします。
  2. 前項の通知が書面の送付による場合、当該書面が送付された日の翌々日(但し、その間に法定休日がある場合は法定休日を加算した日)に利用者に到達したものとみなすものとし、電子メールの送信又はファックスの送信による場合は、当該電子メール若しくは当該ファックスが送信された時点で利用者に到達したものとみなすものとします。また、前項の通知がWebサイトへの掲載による場合、Webサイトに掲載された時点で利用者に到達したものとみなすものとします。
  3. 利用者が第1項の通知を確認しなかったことにより不利益を被ったとしても、当社は一切責任を負わないものとします。
  • 当社は、利用者に関する情報を、以下の各号に該当する場合において利用するものとします。
    1. 本サービスを提供する場合(利用料金等に関する請求・受付審査等を行う場合を含みます)。
    2. 本規約又は本サービスの変更に関する案内をする場合。
    3. 本サービスに関し緊急連絡を要する場合。
    4. 当社、当社の親会社及び当該親会社の子会社(以下、総称して「当社等」といいます。)が取扱う各種商材に関する案内をする場合。
    5. 当社等が、キャンペーン・アンケートを実施する場合。
    6. マーケティングデータの調査、分析、新たなサービス開発を行う場合。
    7. 当社等及び業務提携企業に提供する統計資料の作成を行う場合。
    8. 法令の規定に基づく場合。
    9. 利用者から事前の同意を得た場合。
  1. 当社は、内乱、火災、洪水、地震、その他の自然災害又は政府の規制等、当社の支配することのできない事由(以下「不可抗力」といいます。)により、本規約の履行の遅滞又は不履行が生じた場合であっても一切責任を負わないものとします。
  2. 当社は、本サービスの正確性、有用性、完全性、その他利用者による本サービスの利用について一切の保証を行わず、本サービスの利用に基づき利用者が損害を被った場合でも、当該損害を賠償する責任を負わないものとします。
  3. 通信回線や移動体通信機器等の障害等による本サービスの中断・遅滞・中止により生じた損害、その他本サービスに関して利用者に生じた損害について、当社は一切責任を負わないものとします。
  4. 利用者が本規約等に違反したことによって生じた損害については、当社は一切責任を 負いません。
  1. 利用者が、商号、営業所名、所在地又は連絡先等を変更する場合、当社に対して速やかに連絡を行うものとします。
  2. 利用者が、前項に記載する変更後の商号、営業所名、所在地又は連絡先等の契約者情報の通知を怠った場合は、当社が利用者の変更前の商号、営業所名、所在地又は連絡先等の契約者情報に発送した書面等は、全て利用者に対して発送した時点において到着したものとします。
  3. 利用者が、前項に基づく連絡を怠った場合、連絡の不履行に基づき生じた損害については、当社は一切責任を負いません。
  • 当社は、本サービスに関する業務の一部又は全部を、利用者の事前の承諾、又は利用者への通知を行うことなく、任意の第三者に委託できるものとします。
  • 利用者は、本サービスの利用に関連して知り得た当社の業務上、技術上、販売上の秘密情報を第三者に一切開示、漏洩しないものとします。
  1. 当社は、利用者が次の各号のいずれかに該当する場合には、何らの通知、催告を要せず直ちに、本サービスの提供の一部又は全部を停止し、もしくは利用契約を解除することができるものとします。
    1. 利用者が、本サービスに関する利用料金の支払を一度でも怠ったとき
    2. 利用者が、第7条に定める行為を行ったとき
    3. 利用者が仮差押、差押等の処分を受けたとき、もしくはそれらのおそれがあるとき
    4. 利用者が、民事再生手続、破産等の申立てを行い又は第三者により申立てられたとき、もしくはそれらのおそれがあるとき
    5. 死亡したとき
    6. 支払停止、若しくは支払不能に陥ったとき、又は手形・小切手の不渡りにより金融機関から取引停止の処分を受けたとき
    7. 被後見人、被保佐人又は被補助人の宣告を受けたとき
    8. 資産、信用、支払能力等に重大な変更を生じたと当社が認めたとき
    9. 民事訴訟又は刑事訴訟の対象(捜査報道がされた場合を含みます。)となり、当社に不利益を与えたとき、又は、その恐れがあるとき
    10. 反社会的勢力の構成員もしくは関係者であることが判明したとき
    11. 利用者が法令に反する行為を行ったとき、過去に同様の行為を行っていたことが判明したとき、もしくはそれらのおそれがあるとき
    12. 利用者の責めに帰すべき事由により、当社の本サービスの提供に支障を及ぼし又は及ぼすおそれのある行為をしたとき
    13. 利用者が第15条に違反したとき
    14. 当社から利用者に対する連絡が不通となったとき
    15. 利用者が申込にあたって虚偽の事項を記載したことが判明したとき、もしくはそのおそれがあるとき
    16. その他、当社が利用者に対して本サービスを提供することが不適当と判断したとき
    17. 前各号に掲げる事項の他、利用者の責めに帰すべき事由により、当社の業務の遂行に支障をきたし、またはきたすおそれが生じたとき
    18. 本規約の規定に違反すると当社が判断したとき又はその他当社が利用者に対して本サービスを提供することが不相当と当社が判断したとき
  2. 当社は、前項に基づき本サービスの一部又は全部の提供を停止したこと、もしくは、利用契約を解除したことにより利用者に損害が生じた場合でも一切責任を負わないものとします。
  1. 当社は、当社の判断により、本サービスの全部又は一部を廃止することがあります。
  2. 当社は、前項の規定により本サービスの全部又は一部を廃止するときは、利用者に対し、廃止する日の1ヶ月前までに、その旨を通知します。
  3. 当社は、本サービスの一部又は全部が廃止したことにより利用者に損害が生じた場合でも一切責任を負わないものとします。
  • 利用者が、本サービスの解約を行う場合、利用者は当社に対して、当社が指定する方法にて解約の申請を行うものとします。また、本サービスの一部の解約はできないものとします。なお、解約日は、当月の末日までに本サービスの解約手続きが完了した場合は、当該手続きが完了した日の属する月の末日となります。
  1. 利用者が当社に対して支払った一切の料金は返還されないものとします。
  2. 利用者は、理由の如何を問わず利用契約が終了した場合、当社に対する一切の債務を、利用契約が終了した日の属する月の翌月末日までに当社に対し弁済するものとします。
  • 当社にて、利用者が、本サービスに関する支払方法の登録が完了し、当社が利用者に対して、当該完了に関する通知書を発送した日又は別途当社が指定する日より、利用者は、本サービスの利用が可能となります。
  • 当社は、利用者の承諾を得ることなく、本サービスの料金、サービス内容、各種手数料ならびにこれに付随するサービス内容等を変更することがあります。その場合には、当社は変更後のサービス内容を利用者に通知するものとし、以後、変更後のサービス内容が適用されるものとします。
  • 利用者が、第16条第1項の各号のいずれかに該当した場合、期限の利益を喪失し、当社に対する債務を直ちに支払わなければならないものとします。
  • 本規約又は本サービスに関連して訴訟が生じた場合は、訴額に応じて、東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
  • 本規約に定めのない事項又は本規約の各条項の解釈に疑義が生じた場合は、利用者と当社が誠意をもって協議し解決を図るものとします。
  • 利用者は、本サービスの利用にあたり、電気通信事業法(昭和59年12月25日法律第86号)、特定電子メールの送信の適正化等に関する法律(平成14年4月17日法律第26号)その他関連法令、本規約を遵守するものとします。

以上

2018年7月1日 制定

別紙 本サービスの内容

利用者のパソコン・スマートフォン等(AOS規約第4条参照)のデータに障害が発生した場合に、論理障害、物理障害(AOS規約第5条参照)によるデータ破損や消失の際、データの復旧(修復)ができるサービスです。

  1. 本サービスによるデータ復旧は、年間2回まで(1年間の起算日は、利用契約の締結日とします。)、本サービスの利用料金のみで、ご利用いただけます(初期調査を行った場合、データ復旧の実施に関わらず、1回の利用とカウントします。)。なお、同一年内の3回目以降の利用の場合は、AOSデータ復旧サービスセンターにより有償で提供されているサービス料金の2割引きの料金にてご利用いただけます。また、利用回数の繰り越しはありません。
  2. 利用者は、データ復旧の対象となる障害端末の送付時の送料を負担するものとします。また、2TB超のデータ復旧の場合には、復旧に要する記憶媒体の料金が、利用料金の他に、利用者の負担となります。

以下の手順に従ってご利用ください。

  1. 当社の指定する問合せ窓口にご連絡いただき、本サービスを利用したい旨ご連絡ください。
  2. 利用者の登録情報(※)、状況及び依頼内容の確認等のヒアリングを行います。
  3. 問合せ窓口より、AOSリーガルテックの日本データ復旧サービスセンターに連絡をとり、同サービスセンターより利用者に連絡をいたします。その際、利用においての注意事項等の説明がありますので、ご確認の上、本サービスのデータ復旧をご利用ください(パソコン・スマートフォン等の端末を送付いただいた上でのデータ復旧作業となります。)。

※ 本サービスをご利用いただく際に、ご依頼者が利用者であることの証明をお願いする場合があります。

  1. 当社は、データの復旧を保証するものではありません。データは、修復箇所の状態により復旧できない場合があります。また、当社は、本サービスに関して、利用者に生じた不利益・損害等に関して一切責任を負いません。
  2. データ復旧後の障害端末は、修理保証(メーカー保証等)の対象外となる可能性があり、また、再利用できなくなる場合があります。
  3. 以下の場合は、本サービスの全部または一部を提供できないことがあります。
    • (a) ハードディスクドライブの障害状態により、データの一部または全部が取り出せない場合
    • (b) 利用者が本規約もしくは復旧サービスの利用申込時に虚偽の事項や記載があった場合
    • (c) 利用者の故意または重過失により生じた障害の場合
    • (d) 天災や事変その他の非常事態の発生により、本サービスの提供が困難となった場合
    • (e) 天災(但し、落雷を除く)や事変により生じた障害の場合
    • (f) 日本国外で発生した障害の場合
    • (g) ハードディスクドライブのメーカー起因による瑕疵及びロット不良等の場合
    • (h) データが暗号化されており、かつ暗号化キーが不明の場合
  • データ復旧サービスのご利用にあたっては、本規約に加え、以下の「データ復旧サービスご利用規約」(AOS規約)が適用されます。なお、当社は、業務の全部又は一部を、AOSリーガルテックに対して委託してデータ復旧の運営・提供を行います。当社はそのために必要となる情報(データ復旧をご利用いただく利用者に係る個人情報を含みます。)をAOSリーガルテックに対して提供し同社と共同利用いたします。
データ復旧安心サービスご利用規約【AOS規約】
  • 本利用規約は、お客様とAOSリーガルテック株式会社(以下、「弊社」といいます。)との間の、「データ復旧安心サービス」(以下、「本サービス」といいます。)及びこれに基づきAOSデータ復旧サービスセンターが提供するデータ復旧サービス(以下、本規約において「データ復旧サービス」といいます。)に関する条件を規定するものです。
  • 本サービスは、お客様のパソコン(他にスマートフォン、外付けハードディスクなど)のデータに障害が発生した場合に、弊社が費用の全部または一部を負担することにより、データ復旧サービスをご提供するサービスです。
  • お客様は、本利用規約に同意の上、本サービスに申し込んだものとみなされ、本利用規約に従って本サービスを利用するものとします。
  • 本サービスは、ご契約されたお客様が所有するパソコン・スマートフォンなどの端末を対象とします。
    対象機器は、パソコン、外付けHDD、タブレット、デジタルカメラ、ビデオカメラ、スマートフォン、携帯電話、SD、microSD、USBメモリなどとなります。
    対象外機器は、サーバー、ワークステーション、NAS、TV番組録画用HDD、ゲーム機、音楽プレーヤーなどとなります。
  • データ復旧サービスの対象となるデータ障害は以下のとおりです。
    1. 論理障害
      データ障害のうち、データを管理するファイルシステムの破損や、削除によるデータの喪失などのデータ障害をいいます。ただしiOSの場合は初期化や削除などの誤操作による障害を除きます。
    2. 物理障害
      データ障害のうち、記憶媒体(ハードディスクや半導体メモリなど)自体に、機械的または電気的な障害が発生したものをいいます。
  1. データ復旧サービスの依頼先は、弊社が運営するAOSデータ復旧サービスセンターのみとします。
  2. データ復旧サービスは、論理障害もしくは物理障害につき年2回まで無償でご利用いただけます。
  3. データ復旧サービスをご利用の際に発生する送料については、それぞれ送付する側の負担とします。
  4. 本サービスの提供場所は、日本国内とします。
  • 弊社は、データ復旧サービスの提供にあたり、その保有設備、技術および人員にて最大限の努力を行いますが、データの完全な復旧を保証するものではなく、最善努力の結果復旧の不可能なものについてはその責を負いません。
  • 弊社は、以下のサービス保証期間内に対象製品について申込みを行ったお客様に対して、データ復旧サービスを提供します。
    1. 開始日:対象製品の購入日(他に、契約開始日、ユーザー登録日など)。
    2. 終了日:対象製品の期間満了日
  • データ復旧サービスの利用方法は以下のとおりです。
    1. データ復旧サービスのお申込みの際には、「データ復旧サービスお申込書・同意書」(以下、「お申込書」といいます。)別紙の「同意事項」等に記載された内容に同意の上、登録済みの対象製品にお申込書及び購入証明書(レシート等購入日を証明できるもの)を添えて下記までご送付いただくものとします。
      〒105-0001 東京都港区虎ノ門5-1-5 メトロシティ神谷町4F
      「AOSデータ復旧サービスセンター XXXX様AS担当」宛
      TEL:0120-194-119 メールアドレス:119spk@data119.jp
    2. データ復旧サービスのご利用は、本利用規約に基づき行うものとします。
    3. データ復旧作業が完了した対象製品は、原則として、お申込書にお客様が記載いただいた連絡先まで送付元の送料負担にてお届けします。
  • 弊社は、お客様が発送された対象製品が弊社に到達してから、データ復旧作業完了後の発送まで、原則として7営業日で対応します。ただし、次の各号のいずれかに該当する場合は、7営業日以上の日数を要する場合がありますので、予めご了承下さい。
    1. 論理障害において、障害の程度が重い場合
    2. 物理障害の場合
    3. お客様の都合により、データ復旧作業完了後の対象製品の返却日の日程変更等が生じた場合
    4. 天災地変、戦争、暴動、内乱、輸送機関の事故、労働争議その他不可抗力の事由が生じた場合
    5. コンピュータウィルス、スパイウェア等による大規模障害、特定製品の不具合等に起因する大規模障害など、④以外の事由により復旧依頼が急激に増加した場合
  • データ復旧サービスをご利用頂くには、次に掲げる制限事項、確認事項を事前によくお読みの上、お申し込み下さい。
    1. データ復旧サービスの内容およびサービスレベルは、AOSデータ復旧サービスセンターにより有償で提供されているものと同じです。
    2. データ復旧サービスは、データの復旧を保証するものではありません。データは、修復箇所の状態により復旧できない場合があることをあらかじめご了承ください。
    3. データ復旧サービスをご利用いただく際に、個人情報保護法の規定に基づき、ご依頼者がご契約者本人であることの証明をお願いする場合があります。
    4. 著作権にかかわるデータ(音楽データ、映像関連データ等)については、データ復旧サービスの申込みをもってお客様がその利用に関する正当な権利を有していることを保証したものとみなします。
    5. データ復旧作業の際には、装置から記憶媒体(ハードディスクや半導体メモリなど)を取り出すために解体する場合がありますが、その場合メーカーによる保証を受けられなくなることがあります。
    6. 記憶媒体(ハードディスクや半導体メモリなど)に物理的な障害がある場合は、記録媒体の開封または取り外しを行う場合があります。その場合は、本来の装置としての機能が消失することをご了承ください。
    7. 復旧データは、2TBまでは無償でデータ容量に応じた記憶媒体に記録して納品します。なお、2TBを超えるデータ復旧をご希望される場合、復旧費用は無償ですが媒体の費用のみお客様にご負担いただきます。
    8. データ復旧作業は、弊社において初期調査を行ったうえで、お客様に対して障害の内容(論理ないし物理)・程度、データ復旧の可否および納品用媒体などの料金の見積もりを報告した後、お客様にご了承頂いた場合に実施します。なお、初期調査結果の報告書を受け取った後にデータ復旧サービスをキャンセルされた場合にも、無料のデータ復旧サービスを1回利用したものとカウントさせていただきます。
    9. 本サービスの内容は記憶媒体(ハードディスクや半導体メモリなど)の復旧であり、装置本体の修理は含みません。装置本体修理のご依頼については、メーカー様のサポートセンターへお問い合せください。
  • 次に掲げるサービスについては、本サービスの対象外といたします。
    1. 不具合原因の調査・解析、装置の修理およびOSの復旧
    2. 対象製品の原状回復(データ喪失前または障害発生前の状態に戻すこと)
    3. iPhone4S以降の削除データの復旧
    4. パソコンのOS、アプリケーション、システム情報の復旧
    5. 破損しているデータの修復および復旧
    6. デジタル放送の録画データの復旧
    7. 暗号化されたデータの復旧
    8. 家庭用ゲーム機や携帯型ゲーム機などのデータの復旧
    9. データ消去装置またはデータ消去ソフトで消去したデータの復旧
    10. 内蔵、外付けを問わず、お客様が自ら増設された記憶装置内のデータの復旧
    11. クラウド等対象製品以外の場所に保存されているデータの復旧
    12. 日本語及び英語以外が使用言語のデータの復旧
    13. 日本国外へのサービスの提供
    14. アカウント情報の復旧
    15. 対象製品の廃棄
    16. その他、AOSデータ復旧サービスセンターで実施していないサービス全般
  • 本サービスにおける個人情報の取り扱いについては、「AOSリーガルテック株式会社 プライバシーポリシー」(http://www.aos.com/privacy-policy/)の記載に準ずるものとします。
  • 本サービス提供における弊社の責任範囲は以下のとおりといたします。
    1. 弊社は、本サービスの提供に起因して発生したデータの喪失、データの機能性の喪失、ソフトウェアの喪失、使用不能、それらから引き起こされる間接的損害、特別損害、偶発的損害、および逸失利益についての責任は負いません。また、対象機器内の全てのソフトウェアとデータファイルのバックアップはお客様の責任で行うものとします。
    2. 本サービス提供に伴う弊社の責任範囲内でお客様が損害を被った場合は、お客様は直接かつ現実に生じた損害につき弊社に対して賠償を請求できるものとします。ただし、その額は本サービスの対価としてお客様が支払った額を超えないものとします。
  • 弊社は、お客様が以下のいずれかに該当すると判断した場合は、事前にお客様に連絡することなく直ちに本サービスの利用を停止できるものとします。
    1. データ復旧サービス受付時のお客様情報に虚偽が発覚した場合
    2. お客様が本規約のいずれかに違反した場合
    3. お客様が法令に反する行為を行った場合
    4. お客様が対象製品を第三者に譲渡した場合
    5. お客様もしくは第三者が対象製品に不当な改造またはメーカー保証対象外となる改造を施した場合
  • 弊社は、本規約内容を変更する必要が生じた場合は、予告なく本規約を変更することができるものとします。
  • 本規約の準拠法は日本国法とします。また、本規約に定めのない事項については、日本国の法令に依るものとし、本サービスに関するお客様と弊社間の法的紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

最終改訂 2017年4月26日

以上